自己破産・債務整理の基礎マニュアル < 任意整理について 任意整理のメリット・デメリット

任意整理について 任意整理のメリット・デメリット

ここでは、任意整理を行うことで得られるメリット、そして注意しなければいけないデメリットについて解説します。

任意整理のメリットについて

取り立てをすぐに停止することができる

複数の業者から借り入れをしている場合、たとえ過剰なものではないにしても、返済要求を受けての精神的な負担はかなりのもの。慌ててまた別の業者から借り入れ、多重債務の泥沼にはまってしまうというケースにも陥ってしまいます。そういったとき、任意整理を行えば、取り立てを含む取引を一旦停止させることができますから、心にも余裕が生まれ、冷静な判断を取り戻せるのです。

任意整理をする債権者を限定することができる

任意整理を行う際、債権整理をする対象は限定することが可能です。きちんとした利息設定を定めていて、債務整理の必要がなさそうな業者や、バレたくないところへは、手続きをとる必要がありません。

うまくいけば、借金自体がなくなることも

借り入れ先の業者が、法定金利を越えている、過剰な利息を強いており、利息制限法に定める金利以上の額を今まで払っていた場合、その過剰分を借金に充当することができます。
長い返済期間の間に、過剰分が借金の額を超えており、借金そのものが消失するといったこともあるのです。

任意整理のデメリット、または注意点

安定した収入が必要である

多重債務の原因が、たとえば定職をなくしたといった場合だと、安定した収入が見込めないため、任意整理として対処することは非常に難しくなっています。

ブラックリストに載ってしまう

任意整理に限ったことではありませんが、信用情報機関のブラックリストには載ってしまいます。ブラックリストに載った場合、数年間融資を受けられなくなります。どちらにしろ、再度融資を受けるような状況になることは避けなければいけないことですし、任意整理を行わずとも、ブラックリストに載ってしまう可能性というのは非常に高いものがあるでしょう。

任意整理と手続き方法 / 任意整理のメリット・デメリット / こんな場合は任意整理を