自己破産・債務整理の基礎マニュアル < 任意整理について 任意整理と手続き方法

任意整理について 任意整理と手続き方法

任意整理は、債務者が弁護士や司法書士に依頼して、債権者との交渉を進めていく方法です。
比較的小額な債務を整理する際に用いられます。

任意整理の条件と特徴

任意整理を選択するには、安定した収入がなければいけません。任意整理によって、返済額の減額は考えられますが、決して債務がなくなるわけではないからです。法定金利への見直しなどによる借金の減額後、原則として3年〜5年以内に可処分所得(年収から、必要最低限の生活費を除いた金額)にて返済できるということが前提なのです。
とはいえ、任意整理が実行された時点で過酷な取立ては停止されますし、借金を減らせるという大きなメリットがあるのです。

任意整理の条件と特徴
?弁護士や司法書士への相談、依頼

法律がよくわからず、交渉力にも長けない一般人が、債権者相手に交渉をすることは不可能に近いです。任意整理を選択する場合は、弁護士や司法書士など、プロに相談をしましょう。
その相手に信頼がおけ、報酬についても納得がいった場合、正式に依頼することになります。

?債権者へ受任通知、情報の開示請求

任意整理を依頼された弁護士や司法書士は、ただちに債権者に対して、受任通知(介入通知ともいいます)というものを送ります。これを受け取った債権者は、債務者に対しての取立てなど、取引を一旦停止させるよう、法律で定められています。
そして債務整理のために必要となる、これまでの返済履歴などを、債権者から受け取ることとなります。こちらも債権者が拒否することはできません。

?債権額の確定を行う

これまでの返済履歴と利息制限法を照らし合わせ、払いすぎている金額がないか、計算をします。場合によっては、すでに過払い分の金額で、すべての借金を支払い終えているといった結果になることもあります。その場合には、過払い分が債務者へ払い戻されます。

?債権者に対して和解案を提出

再計算後の返済額を算出し、新たに組まれた返済計画案を、債権者へ提出します。

?和解成立

債権者との和解が成立すれば、新たな返済計画を元に、債務者は返済をしていくこととなります。このとき取り決められた返済計画は、債務者の可処分所得を考慮して立てられたものです。無駄な出費をせず、きちんと返済していくようにしましょう。

任意整理と手続き方法 / 任意整理のメリット・デメリット / こんな場合は任意整理を