自己破産・債務整理の基礎マニュアル < 任意整理について こんな場合は任意整理を

任意整理について こんな場合は任意整理を

現実味のなかった自己破産が、垣間見える。そんな不安を抱えている人は、まず任意整理の可能性を考えてみましょう。専門家に頼むので当然お金はかかりますが、その分返済額が減額される可能性も非常に高くなっています。

任意整理を考えたいのは、この3パターン

? 自己破産まではいかないが、返済が追いついていない

「まだ大丈夫、まだ大丈夫」と思っているうちに、毎月の返済額が減るどころか増え続け、自転車操業になってしまったという人。このまま続けば自己破産もありうる……、そんな心配が生じた場合は、一度弁護士や司法書士に相談をしてみましょう。今ならまだ、きっと間に合います。

? 取り立てが厳しく、自分の力では対応し切れない

任意整理を行えば、取り立てを一旦停止させることができます。万が一、弁護士や司法書士からの受任通知があった後も取り立てを行ってきたとしても、法律違反として法的処置をとることも可能です。取り立てが停止されれば、心理的な負担も随分と減るでしょう。債務の整理の前に、まず心の整理を行うのにも役に立つのです。

? 裁判所に行ったり、手続きにかかる時間はとれそうにない

任意整理と似た対処法に、特定調停があります。特定調停の場合だと、裁判の手続きや出廷の際に時間をとられてしまいます。また、和解が成立するまでに時間がかかり、その間も利息は変わらず返済額に加えられてしまいます。任意整理は専門家に任せますので、比較的手続きの手間は省かれ、和解までの時間も短くなっています。

任意整理と手続き方法 / 任意整理のメリット・デメリット / こんな場合は任意整理を