自己破産・債務整理の基礎マニュアル < 個人再生について こんな場合は個人再生を

個人再生について こんな場合は個人再生を

全額ではないにしても、債権が大幅に減額される個人再生。住宅を手放さなくても良いという点が、自己破産とは大きく違います。

個人再生を考えたいのは、この3パターン

住居は残しておきたいが、返済は到底無理である

任意調停や特定調停をするほどの返済能力はなく、しかし自己破産だと、住居までなくしてしまう。一方、個人再生を利用すれば、住宅ローン特則によって、住居は残すことができます。
長年住み慣れているマイホームを手放すのはつらいものです。自己破産の前に、個人再生の可能性を考えてみましょう。

破産により職を失いかねない方

自己破産の場合だと、資格制限という不利益をが生じます。これは、たとえば弁護士や公認会計士、貸金業者、警備員や風俗営業者などになれないことを意味します。免責決定を受けることで資格制限は解除されますが、審査に通らず免責が受けられないこともありますし、一時的に職を失ってしまう可能性もあります。

破産はしたくない……、少しでも返済はする

自己破産というと、どうしても最終手段という印象がつきまとい、自分は破産者だという負い目を感じてしまう人もいるでしょう。個人再生の場合は、減額されるとはいえ、ある程度の返済はします。少しでも責任を全うしたという意識を持つことができるのです。

個人再生と手続き方法 / 個人再生のメリット・デメリット / こんな場合は個人再生を