自己破産・債務整理の基礎マニュアル < よくある質問

よくある質問

債務整理に関してのQ&Aです。任意整理、特定調停、個人再生、自己破産、これら代表的な債務整理法に関して、基本として知っておきたい事柄を集めています。

ただでさえ苦しいというのに、債務整理にかかる費用が心配です。
手続きを自分でするか、弁護士に頼むかでも大きな違いがあります。たとえば自己破産の場合だと、申し立てを自分でした場合、2万円程度で済む場合もあります。一方弁護士に頼むと、合計20万円〜50万円という費用がかかります。ただし弁護士をつけない場合、自分で裁判所に出頭したり、複雑な手続きが必要になってきます。もし費用を工面できない場合は、法律扶助制度を利用すると良いでしょう。
債務整理にも、時間がかかると思いますが、その間にも取り立てがくるかと思うと心配です。
債務整理の手続き開始後の債権の取り立ては、法律上禁止されています。もしそれでも取り立てが続くようであれば法的処置も可能ですので、担当の弁護士や関係機関に連絡しましょう。
契約を交わしていても、利息制限法による返済額の減額は可能なのでしょうか?
利息制限法を越えた金利の適用は禁止されています。たとえ契約を交わしていたとしても、債務整理を行えば、利息制限法に従った返済額への見直しが可能です。過払い分は元本の返済に充当され、場合によっては、再計算により債権のすべての支払が済んだ状態になることもあります。
自己破産を考えているのですが、同時廃止とは何ですか?
債務者の所有する財産が少なく、管財人による破産手続き等を進める必要性がないと認められた場合、同時廃止という処置がとられます。自己破産の申し立て者のうち大半は、この同時廃止によるものとなっています。自己破産の手続きに関する費用は、同時廃止だと小額に抑えられます。
任意整理を、家族に内緒で行うことは可能でしょうか?
可能ではあるけれど、やめておいた方が懸命です。家族に隠そう隠そうと思うあまり多重債務に陥ってしまった人も多くいます。また、任意整理後も3年〜5年返済を続ける必要はあります。できる限り家族に状況を説明し、協力して返済を続けていくべきでしょう。